テコンドー キムズジム

 
メインメニュー
ツール
リンク
AdSense
六本木 不動産 .
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

 ※注訳資料【韓国陸軍小史】

【韓国陸軍小史】

1945年(昭和20年)9月8日、沖縄に駐留していたアメリカ第24軍団が仁川に上陸、韓国に軍政を公布した。
米軍政庁には警備局があり、日本の総督府の警察組織を引き継いで治安維持に当たっていた。韓国国内は戦後の混乱期にあり、軍政庁は警察力を増強するための武力組織を作ることになった。

1945年11月、軍政庁に国防司令部を設置。その下に軍事局が置かれた。軍政庁はこの軍事局の中に警察の予備部隊を編成するつもりだった。 予備部隊の幹部を教育し、米軍との意志疎通のための通訳将校を養成する機関、それが『軍事英語学校』だった。軍事英語学校は1945年12月にソウルで開講された。1946年3月までに、この軍事英語学校を卒業、もしくは卒業扱いになった者が110名いる。この110名こそが韓国軍の第一陣であり、韓国軍創設メンバーなのである。崔泓熙総裁はその一員であった。1946年1月、軍事英語学校にて幹部候補生を養成中に、『南朝鮮国防警備隊』が発足した。

1946年6月、『朝鮮警備隊』と改称される。この警備隊司令部が後に陸軍本部となる。

1946年9月、各指揮官に韓国軍人が任官し、それまで指揮官だった米国軍人は顧問となる。

1948年9月、大韓民国成立を受けて、国軍が発足。警備隊は『陸軍』となる。

(軍事英語学校) → (警備士官学校) → (陸軍士官学校)

・旧日本陸軍士官学校出身者グループ

・旧満州軍官学校出身者グループ

・旧日本軍学徒兵出身者(→崔泓熙総裁)グループ

・光復軍出身者グループ(抗日独立軍・右派)グループ


南朝鮮国防警備隊

朝鮮警備隊

韓国陸軍