テコンドー キムズジム

 
メインメニュー
ツール
リンク
AdSense
六本木 不動産 .
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

 第5章 創始者の証言 〜崔熙将軍 テコンドー史の学習〜

第5章 創始者の証言 〜崔熙将軍 テコンドー史の学習〜

創始者の証言:

「テコンドー・タイムズ113号(2000年1月発行)崔泓熙総裁へのインタビューより抜粋」

1.崔熙将軍  テコンドー史の学習

崔将軍が自らの劇的な半生について語った。日本の敗戦の三日後に死刑執行を控えていたこと、テコンドーの創設と発展。80代にしてなお、彼は今世紀(20世紀)の武道界において強い影響力を残し、また新世紀においても彼は武道の輝ける手本となるであろう。 

崔将軍とのインタビューを理解するにあたり、極東の国々、中国・朝鮮・日本の関係を知っておく必要がある。
三つの国は地理的、文化的、そして5000年もの長い歴史において繋がっている。 巨大な国である中国は、朝鮮の兄であるように振る舞ってきた。
アジアの慣習に従うと、これはすなわち中国は朝鮮を保護し、外国から侵略を受けた場合はそれを助ける、ということになる。 朝鮮と日本の関係は少し違う。
初期の寺院の様式や日本の古典的学問の教育、仏教の経典などから考えると、朝鮮は日本との最も古い時代の関係において、兄のような役割を果たしていた。
日本は明治維新を通じて、三国の中で最初に西洋の文化と科学を取り入れた。天皇は政府を統御する力を回復し、彼の国民が西洋について学ぶことを奨励した。
その結果として、日本は西洋の兵器を使い、1894年に中国を打ち負かし(※)、1910年に朝鮮を占領し、併合した。朝鮮の国民は36年もの間独立のために激しく戦い、第二次世界大戦の終わりにやっと勝利を手に入れた。朝鮮の国民は今日に至るまで日本人に対して憎しみを抱いている。 

※1984年、日本は日清戦争で清国に勝利した。その後、朝鮮の内政に干渉し、1910年朝鮮を併合、植民当地を初めた。 

崔将軍とのインタビューは、1998年の8月1日と、1999年の2月27日から3月1日に行われた。このインタビューは私の、朝鮮武道史の研究の一端である。(史学博士 キム・ヘヨン) 

(*Korea の訳に関しては、1948年の大韓民国樹立以降の出来事に関しては『韓国』、それ以前の出来事に関しては『朝鮮』と表記する;訳者註)